狂気の光

クトゥル神話TRPG シナリオレビュー
いあいあ!クトゥルフレビュー

シナリオ名:狂気の光

シナリオ情報

シナリオ制作者名:Richard Launius

シナリオ掲載場所:RPGマガジン創刊号55p

想定プレイ時間:6時間

推奨PL人数:4~6人

シナリオ難易度:☆☆☆☆☆

舞台・環境:1920年代アメリカ

動画化可否:–

イントロダクション

探索者はブルームフィールド・ヘラルド新聞の目立たない小さな記事にベイカーズ山の頂上から奇妙な光が真夜中に何度も目撃されたとの記事を見つけます。

以降ネタバレ注意

開くとネタバレ内容を表示します
探索者はマーリン教団と戦う事になり最後はマスターであるバジル・ギルバート博士を倒さなければなりません。マーリン教団は多くのAFを所有しておりエクスカリバー、魔法の杖などが手に入ります。ギルバート博士はヨグ=ソトースを何の躊躇もなく襲わせてきますが探索者達はノーデンスと接触しノーデンスとヨグ=ソトースが戦う様な展開もあります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク