フリークショー

クトゥル神話TRPG シナリオレビュー
いあいあ!クトゥルフレビュー

シナリオ名:フリークショー

シナリオタイプ

シナリオ制作者名:Kevin A. Ross

シナリオ掲載場所:モジュラー・クトゥルフ

想定プレイ時間:9~12時間

推奨PL人数:3~5人

シナリオ難易度:☆

舞台・環境:1920年代アメリカ

動画化可否:–

イントロダクション

無力な子供が異質な集団に捕らわれ、そして探索者たちは恐ろしげな見た目と怪物性が一致しないこと、あらゆる人間が人道的とは限らない事を知る。

以降ネタバレ注意

開くとネタバレ内容を表示します
探索者勢力、サーカス勢力、深きもの勢力の三つ巴に巻き込まれた悲劇的な「魚坊や」を救い出すシナリオです。サーカスでは見世物にされる奇形児や病人など1920年代アメリカの非常に強い差別的な雰囲気を楽しむことができます。本シナリオではラブクラフトカントリーシリーズの使用が推奨されており、それらを使うことによって1920年代のアメリカの雰囲気を楽しむことができるでしょう。シナリオのクライマックスでは探索者は「魚坊や」を競売から救い出さなければならないのですが、サーカスを破壊しても良いし、サーカスと交渉しても良いと様々なルートが想定されており非常に自由度の高いシナリオとなっています。まさに、暴力と差別、そして何よりも金の力に物を言わせる1920年代アメリカのアーカムとその周辺の雰囲気を楽しめるクトゥルフ神話TRPGの醍醐味と言ったシナリオでしょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク