屋根裏部屋の怪物

クトゥル神話TRPG シナリオレビュー
いあいあ!クトゥルフレビュー

シナリオ名:屋根裏部屋の怪物(The Edge of Darkness)

シナリオ情報

シナリオ制作者名:Keith Herber

シナリオ掲載場所:6版基本ルールブック302p、5版ルールブック191p

想定プレイ時間:ボイセ4~6時間

推奨PL人数:最低4人

シナリオ難易度:☆

舞台・環境:1920年代アメリカ

リプレイ化・動画化可否:–

イントロダクション

探索者達は病院で死の床にいるルパート・メリウェザーのもとへ呼ばれる。メリウェザーはアーカムのセント・メアリー病院に入院しており、明日に探索者達に会いたいとのことである……

以降ネタバレ注意

開くとネタバレ内容を表示します
最終局面では二体のゾンビ及び不可視の怪物との戦闘が予想されます。
怪物との戦闘は儀式を利用したギミック戦闘ですが儀式の最中に術者を他の探索者が守らなければならないのでシナリオを正規の方法でクリアするのには回避を中心とした戦闘技能は必要でしょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク